キングセイコー予約受付中

国産高級腕時計としての新たな在り方を示し、時代をリードした<キングセイコー>

1950年代後半、セイコーは国産腕時計の新時代を切りひらくべく、腕時計に求められる性能を見つめ直し、ムーブメントの設計やデザインに独自の思想を宿す画期的なモデルを次々に発売しました。その代表格が1960年に誕生した国産腕時計の最高峰<グランドセイコー>であり、翌1961年に誕生した〈キングセイコー〉です。

<キングセイコー>は高級腕時計としての性能と先進的なデザイン、そして適正な価格の共存を実現し、高級腕時計としての新たな在り方を提示し、<グランドセイコー>とともにその後の国産機械式腕時計の進化を牽引しました。ブランド復活にあたり、開発の土台として採用した“KSK”と呼ばれる2代目キングセイコーは、1961年に発売された初代モデルには無かった防水性能や、秒針を止めて時刻合わせができる秒針規制装置を備え、実用的な進化が高く評価されました。無駄のないダイヤルレイアウト、エッジを際立たせたシャープなケーススタイリングやボックス型のガラス形状など、キングセイコーデザインのオリジナリティを確立したモデルともいえます。

特徴的なケースを継承しつつ、現代的なモダンさを持つデザインにアップデートされたスタイリッシュなデザインのモデルです。

レギュラーモデル SDKS001/003/005/007/009 198,000円
限定モデル 世界限定2,200本(国内700本) SDKA003 385,000円

ウオッチタウン 時計倶楽部 北千住マルイ店

住所:〒120-8501 東京都足立区千住3丁目92 北千住マルイ7F
営業時間:10:00 ~ 20:30 / 定休日なし